イシュアーはカード発行をするだけでなく教育もしている

クレジットカードは営業と発行をする部門が異なり、発行する会社をイシュアーと呼びます。ただ単にカードを発行するだけではありません。安全に使うためにガイドラインの設定、安全運動への呼びかけや、適切な使用を促す取り組みなどを頻繁に行います。

これにより、発行するからこそ発生する責任を十分に果たすことも、大事な取り組みの一つでしょう。この中で特に重要なのが、クレディビリティを高める教育を行うことです。クレディビリティとは信頼性のことで、クレジットカードがどんな仕組みで決済されて、請求されているのかというのは使っている人はあまり知られていません。

これでは一度不正されてしまっても、気付くのが遅れたりすることにも繋がります。お金を持ち歩いている訳ではありませんが、それ以上に大切な口座を持ち歩いているようなものです。

最近はセキュリティーシステムが飛躍的に向上したこともあり、スキミングなどの被害というのは減少傾向です。しかし、確実に安全ということはなく、こういった被害がきっかけとして、カードを使用しなくなる恐れもあります。クレディビリティはとても大切な概念ですから、イシュアーがしっかりとここは教育をしていかなければならない大切なポイントです。

クレジットカードは生活に密着しているといっても過言ではありません。だからこそ、安全面において多くの人の理解と協力を得ることが何よりも大切になります。ここの教育はとても大切にするべき項目なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ