イシュイングは多くの人が関係のある事業とされている

クレジットカード会社は業務が多岐に渡るために、大きく分けて2つの機能を有する組織に分散させて業務をスマートにさせているのが特徴です。イシュイングはクレジットカード発行業務をメインに行い、その業務を担当する部署をイシュアーと呼んでいます。

また、これとは別に、加盟店の開拓を行う事業を展開しているところをアクワイアラーと呼んでおり区別されるのです。別々の会社が行うということも海外では例としてありますが、日本の場合は一般的にひとつのクレジットカード会社の中に上記に記して2つの事業が一緒になっており、活動している場合がほとんどでしょう。

そのため、呼び名は違いますが、同じ会社の中にある組織ですので、部署が違うと考えることで、一般企業とさほど変化はありません。
ちょっと難しい名前をつけているだけの特殊な部署という認識です。

カード発行をしただけ使ってくれなければ、カード会社にとっては不利益ですし、利益が得られなければ経営は悪化してしまいます。しかし、カード申請の数は多いので、この部分を手抜きするわけにはいきません。カードが無ければそもそも使うことが出来ないので、迅速に発行することをしていかなければならないのです。

それと平行して加盟店の契約も同時に進めていく必要があります。2つの事業は歯車の役割をしているので、どちらかが止まれば片方も停止してしまうでしょう。どちらも大事だからこそ、呼び名を別々にして業務をキッパリと分けてしまっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ