ウィズイン方式はリボルビング払いにおける支払い方法のこと

ウィズイン方式とは、リボルビング払いにおいて請求金額の中に手数料が入っている支払い方法のことです。例えば、月利1%で支払残高が5万円だとすると、毎月500円の金利手数料が発生します。

これはカード会社が支払うのではなく、利用者が支払うものになります。手数料が入っている方法のため、利用者はその金額を毎月支払えばよいので分かりやすいのが特徴です。日本においてはこの方法は馴染み深いものになっているので、多くの支払いに関してはウィズイン方式が採用されています。

支払い方法の1つ、リボルビング払いというものをご存知でしょうか。これは、ミニマムペイメントである最小金額を毎月支払うものになります。そのため、支払い回数が増えることになるのですが、毎月の支払い金額はとても安く済む場合が多いです。支払い回数が増えるので、月利が低い手数料でも十分に利益を出せます。

普段からクレジットカードを利用して買い物をしている人にとっては、リボルビング払いは便利な支払い方法ということで愛用されています。

普段の生活を便利に快適にしてくれるものであると最近は言われており、一方、手数料を別途掲載する支払方式のことをウィズアウト方式と呼びますが、両者に特に違いを感じさせることは特になく、支払う金額は同じなので、利用者にとってみればその違いは些細なものでしょう。

毎日の生活において、クレジットカードはもはや必需品になりました。リボルビング払いを利用することで、今までの生活がガラリと変わることも考えられているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ