売上伝票の明細をみてカード会社が支払うことになる

売上伝票とは、クレジット会員がクレジットやデビットにより加盟店で買い物をした場合に加盟店側で発行し、それを見てカード会社が加盟店へ料金を支払うというものになります。これがある関係で双方に誤解が生じないように、しっかりと明細として記録されるのです。

つまり、お金を受け取ってはいませんから、加盟店はクレジットカードを利用された段階では損をしていることになります。
そのため、後日にしっかりとカード会社から支払いがくるように、売上伝票を明記して提出します。そして正式に支払いが行われます。

信用払いをしてくれるような加盟店を探すことは、あまり有名ではないブランドにしてみたら、かなり苦戦するものになるでしょう。ブランドは、世界的に有名な超大手企業が独占しているような市場ですから、人気があるかどうかで明暗が分かれることになるのです。

加盟店側としては、知名度があり、それを利用している会員が多いブランドのほうが嬉しいわけです。そしてそういったところのほうが、しっかりと料金を支払ってくれるという安心感もあるので、加盟してくれるところは多くなります。

一方、あまり人気が無いところは知名度がありませんし、信用払いをすることに値するのかを見極める店舗が多いので、中々加盟店を見つけることができません。クレジットカードを持っていても使う場所がなければ、ただのカードになってしまいます。

そのため、信用払いをしてくれる店舗を見つけて加盟してくれるようにならなければならず、それには信用が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ