エアラインカードは航空会社が発行しているものを指す

エアラインカードとは、航空会社が発行するクレジットのことを指します。日本においては、有名なブランドである航空会社のカードが有名です。銀行や信託会社と連携したものなども多数あり、それらを全て把握するのは困難だとも言われています。

銀行系が発行しているものと同じように、大本となるブランドカード会社は同じようなところを採用する場合が多いです。
世界的に有名なブランドとの提携をし、そしてクレジット発行業務を引き受けているという意味合いが強いことになります。

この場合、その業務を引き受けているのが航空会社なので、エアラインカードという名前になっているのです。鉄道会社でも行っていることもあるかもしれません。要はどこが作ったかというよりも、どこで使えるのかというのが重要になってくる問題です。

最近は、ガソリンスタンドなどでもクレジットを作ってもらえる場合もあり、これを使うことでリッター2円引きなどの割引をしてくれます。これは、カード発行をしてくれた会員に対しての特典という部分もあるでしょう。

エアラインカードでは、発行した航空会社の利用料金が割引になるといったサービスを展開していて、こうすることで差別化を図るようにしているのです。クレジットを使ってくれたほうが、会社から支払いがきますし、分割で支払うのであれば手数料を貰えるようになります。こうしたことから発行していることが多く、それが会社別カードというものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ