エンハンスメントサービスは差別化を図るための一種の武器

エンハンスメントサービスとは特典や付加価値を指し、カード会員になってくれた人のためにサービスが施されたり、カードを提示すると割引されたりといったような、付加価値を付けられるのです。これは多くの会社で実際に利用されており、大きな意味を持つと言われています。たとえば、ガソリン会社はこの部分を重要視するところが多いです。

カードを発行しているガソリン会社においては、指定されているガソリンスタンドで利用すると、リッター3円引きなどを実施してくれています。これがあると、カードを発行したところでガソリンを入れたほうが安いということが、カード会員にインプットされるでしょう。そうならば他社に比べての差別化が成功したことになります。

ここまでいけば、固定客になってくれる可能性はぐんと高くなるでしょう。
今や多くの業界が成熟期に向かい、そして市場は参加している会社が多く、飽和状態にあります。その中からどの企業が生き残るのかという部分に関しては、とても難しい問題を抱えていると言えるでしょう。

その激戦を勝ち抜くためには、消費者にとって便利でお得だということを実感させなければいけません。そのお得感の演出として、エンハンスメントサービスは利用されているのです。

カード会員は、何かしらのメリットを求めているでしょう。無意識にエンハンスメントサービスが充実している企業を利用したくなるという人も多いことから、無視はできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ