エンボスカードとは通常のクレジットカードのことを指している

エンボスカードとは、製品表面に凹凸の加工が施されているものを指します。これがあることにより、読み取りの際に個人の情報を特定することができるようになります。

一方、最近ではその凹凸が無いエンボスレスカードも登場して話題を呼んでおり、有名なのはSuicaやPasmoでこれはそういった凹凸の手間がありませんので便利に製造できるということで大きな人気になりつつあります。

日本ではエンボスカードが主流でしたが、電話回線やインターネット回線が無い場所でクレジットカード決済を行う場合に良く利用される小型機具インプリンターを使われていました。技術力が発達した今は、CAT端末と呼ばれるものを使用していますので、エンボレスカードでも何ら問題はなくなってきています。

ですが、それは日本だけに特化したものであると言われていて、日本ではインプリンターを使用しているところがもはや少数かもしれませんが、海外ではまだまだ現役のところは多いです。

そうした場所で利用するときに考えなくてはいけないのが、エンボレスでは意味が無いというものです。鉄道関係の機械が凹凸を読み込むことが出来ないので、エンボレスカードを作る必要がありました。

そのため、日本では独自にこの技術が発達したといっても過言ではないでしょう。この流れは今後も継続していくことが言われています。業者の利便性という面で考えてみたときに、どちらが早くカードを作ることが出来るかという事で採用されているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ