エンボッサーはクレジットカードを作る際の機器

エンボッサーは、クレジットカード上にある凸部分を作るための機械のことで、これを利用することにより、インプリンター等で情報などの読み取りが可能になります。鉄道関係で使われるクレジットカードを除いては、ほとんどがエンボッサーを利用して凸を形成する作りになっている場合が多いです。

しかし、エンボレスでもエンボスでも、使う用途としてはさほど変わることはありません。
では、何故面倒なことをしてまで、凸を作っているのでしょうか。それは、クレジットカードは全世界で利用できるという点を考えると分かりやすいです。日本では技術力が発達していますので、インプリンターを使うことはほとんどなくなりました。

しかし、世界各国ではまだまだインプリンターが現役で活躍しているところは多いので、日本だけの基準に特化しては、海外での使用時に混乱が発生してしまうでしょう。
こうした事態があるので、日本ではもはや不要になったエンボスカードも、まだまだ世界では必要不可欠な状態にあります。

この状況を知れば、カードを作る手間をかけてでも、凹凸を作っていることが理解できるでしょう。しかし、利用者にとっては、どちらも違いがなく、業者の都合という面も大きいので、あまり気にする必要はありません。

エンボスカードは時代の流れと共に、今後変化する可能性があるでしょう。カード発行を迅速にするために、効率よくなっていく可能性もありますので、見逃せません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ