エンボッシングはクレジットカードを作る技術のことを指す

エンボッシングとは、クレジットカードやキャッシュカード上に指名や番号、有効期限などを刻印する技術のことです。これがなければ識別確認できませんし、アナログ的な本人確認もできなくなります。インターネット上では、識別番号などを入力する必要があり、番号がなければ使うことができませんので、とても大切なものです。

最近はデータ上において、スキミングなどの被害は減少傾向にあり、セキュリティー技術が向上したことがその大きな意味を持っていますが、決してなくなったわけではありません。いつの時代もアナログに勝るセキュリティーは無いのでしょう。

その際たるものとして存在しているのがエンボッシングで、これがあるおかげで、そのカードの情報を確かめられるのです。
最近は、ATMなどが全国各地に登場しています。あの機械にはICチップなどを読み取る機能がついていますので、あとは暗証番号を入力すれば、すぐに取引可能となります。

ですので、この技術はもはや不要のものかといえばそういう訳ではなく、カード発行を簡略化する流れは日本だけではなく世界的にも広まっていますが、ここだけはまだまだ外すことができないのです。

インターネット上でのショッピングのほとんどはクレジットカードによる支払いですので、個人の情報を入力することになり、相当なセキュリティーが必要です。この番号があるおかげで、安心して買い物などをすることができるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ