オイルカードを使うことでサービスを得ることができる

オイルカードとは、主にガソリンスタンドで利用できるクレジットカードです。石油会社が発行したものを利用するので、さまざまなサービスを得ることができ、業界で発行されるカードは、その多くが差別化を図る目的で発行されるのがほとんどです。

カードを持つと、会員ならではのサービスや付加価値を得られているので、このサービスを目的に消費者の囲い込みをしていると言えるでしょう。
通常、この差別化を図る方法を使うのがクレジットを作る必要性のように感じている人は多いのではないでしょうか。

どこかに作る価値を見出すことができなければ、顧客はカードを作りませんし、普通の製品を発行することが可能となると考えられているのです。普通に考えればなんら問題はない仕組みになっているはずです。ここをどのようにして考えられるかが重要になってきます。

オイルカードは多くの石油会社が発行しており、ガソリンの値引きなどのサービスを実行しています。ただ、これだけでは明確な差別化を具現化させることは難しくなりました。どこも同じことをしてしまっては意味がないからです。

差別化というものをしっかりと考え、様々な面において利用できるようになりました。ショッピングしたときに付くポイントでガソリンを入れることが出来たり、提携しているショッピングセンターで会員割引が受けられたりするものです。

また、プリペイドカードをクレジットで購入させる事によって、石油会社はまとまった金額の売上を得ますし、消費者は現金やカードで支払うよりもリッターあたり少しでもやすくガソリンを詰めることが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ