オーソリゼーションで会員を安心させることができる

信用取引は厳しいもので、知らない他人にお金を貸すようなことですから、それこそ慎重に相手が信用できるかどうかを確認する必要があります。普段から何気なくクレジットカードを利用している人は多いかもしれませんが、自分がそれだけ信用されているという自覚を持っている人は少ないでしょう。

本来ならば、とても素晴らしいことだという認識が必要です。
そんなクレジットカードですが、オーソリゼーションと呼ばれる仕組みを採用しています。これは、与信承認というものである一定金額以上の買い物をする場合には、カード会社に本当に与信取引をしても良いのかどうかを確認することです。

あまり知られていない事実ですが、これは義務として加盟店は必ず実施しなければいけません。POSシステムを使ってのクレジットカード使用時にはエラー音がなり、電話で確認するように求められるのです。

しかし、それが本当に実施されているのかという点に関しては、あまり必要性を感じないところのほうが多いでしょう。一定金額という大まかな類でしか分類されていませんし、最近はCAT(信用照会端末)も登場しています。瞬時に確認したことになりますので、電話などで聞くほどのものではなくなっているのです。

こうしたことから、オーソリゼーションは信用取引を本当にして良いのかといった確認をすることを意味しています。日本ではそこまで利用されているものではありませんので、あまり気にすることはないでしょう。しかし、これでカード会社が無理と判断したら取引はできませんので知っておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ