オーソリゼーションコードは承認番号として扱われる

オーソリゼーションコードとは、加盟店がオンライン端末を通じてカード会社から貰う承認番号を指します。ある一定金額以上の買い物をした場合には、使用者の与信がどの程度のものなのかを調べるために、加盟店はカード会社へ信用販売をして良いかの確認を取ります。これは義務になるので、必ずしなくてはなりません。

カード会社が問題ないと判断した場合には、承認番号をもらうことができ、それを確認したのちに販売できます。クレジットカードでの買い物というのは、ある意味信頼関係が無ければ行えません。カード会社と利用者の間では問題なく、信頼関係があるかもしれませんが、加盟店はそのことに関しては知ることができません。

そのため、どの程度の信用度が現在あるのかを判断することができないのです。そこでカード会社にまずは確認が義務付けられているという背景がそこにはあります。オンラインで通信端末を利用する場合には、この価格が0円になります。

つまりどんな買い物であっても、照会を行う場合が一般的です。ですが最近は自動識別を採用しているので、照会も手間をかけずにスムーズに行うことができ、利用しやすくなりつつあります。

多くの利用者はそういったやりとりがあることすら気付くことはありません。クレジットでの買い物が便利で、そして当たり前になりつつある現代においては、カードの利便性をさらに活かした取り組みが必要となっており、今後の活用方法が課題ともなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ