カード有効期限は人によって長さが異なる場合がある

カード有効期限は、全員が一律の長さになっている訳ではありません。ただし、クレジットカード会社によっては、全ての会員に対して同じ長さの有効期限を設けている場合もあります。

通常は、年齢が低い場合には短めに設定されるのですが、年齢が高くなり、過去のクレジット履歴を積み上げた、いわゆる信用が高い人に対しては、有効期限が長く設定されていきます。信用状況に応じて変わると考えるのが一般的です。

有効期限が近づくと、お知らせとして書面で通知が届きます。更新に問題がなければそのまま自動的に更新されていくので、特に有効期限が迫っているからといって、何かをしなければいけないということではありません。

カード会社にとってみれば、引き続き利用して欲しいと切実に願っている訳ですから、更新手続きの案内を希望もしていないのに送られることが多いです。クレジットカードは日常生活に密着しています。それだけ便利で快適な生活をサポートしてくれるものですので、お互いが不便な思いをしないように、気持ちよく利用していきたいものです。

それには不正利用などのセキュリティーの弱さや、有効期限が切れそうなのに、何も対応してくれないサポート体制の欠如などは大きな痛手になります。

信頼関係がなければ、お金の信用払いなどをする訳がありません。世の中にはクレジットカード会社は多くあります。そのためカード会社もサービスには大きく力を入れていますので、利用者は安心して任せることができるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ