会員サービスを豊富に取り揃えることで顧客を放さない

クレジットカード会社には、それこそ世界各国に顧客を抱えるほどまでに成長している会社もあります。だからと言ってうかうかしていられるわけではありません。同業他社との競争はますます激しくなりつつあり、新規参入してくる業者も増えてきました。そこで顧客を掴んで離さないような戦略を構築しなければいけません。

そこで多くの会社が会員サービスを実施しています。
会員サービスとは、該当するクレジットカードを利用してくれた人に対して感謝とお礼をするものです。これにより顧客の心をぐっと掴むことができ、さらにカードを利用してもらえるようにしています。

ですがこれはどの企業にとっても思いつくものですから、あまり差別化として捉えることができるのかどうか難しいところでもあります。ここは、他業種との提携などをすることによりポイント移行サービスを実施するなどの工夫が必要です。

多くの場合、会員サービスはポイント付与や対象商品の割引などが多いです。こういったものは顧客の心を掴むのに最適だとされています。過剰なサービスは経営を悪化させてしまう可能性もありますので、いかに安い経費で満足をしてもらえるかという線引きをしていかなければなりません。

そうした駆け引きを上手く利用することにより、クレジットカード会社は顧客を掴んで離さないのです。日本だけでもクレジットカード発行枚数は3億枚を突破しており、成人しか持つことができませんので、実質は1人が数枚所持しているということになります。これだけ溢れているので、どのカードを使ってもらえるかというのはとても大事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ