割販法はクレジットカード等の利用に関しての法律のこと

割販法は、割賦販売法の略称でクレジットカード等の取引において、不平等が生じないようにさまざまな規制を設けて、公正な取引が行えるようにしている法律です。大きく分けて、割賦販売、ローン提携販売、信用購入あっせん(クレジット)の販売方法により、さまざまな規制をつけて制限をしています。

多くの人に該当するクレジットカードを利用した取引では、知っておくべき必要がある情報が多いです。通常はクレジットカードを契約する際に細かく表示はされているのですが、多くの人は見ないでしょう。

この法律で明記されている信用包括あっせんの利用制限に関しては、普段聞き慣れているものばかりで目新しいものはありません。例えば、限度額を超える買い物はできないことや、支払限度額を超える見込みがある人に対して、カード発行をすることを禁止するなどが明記されています。

これらの規制が無ければ、カード会社という強い立場の人がカード利用者という弱い立場の人へ、専門知識などを利用して不利な状況へ追い込むことができてしまいます。当然弱い立場なので、逆らうことができません。こういった不平等な実態が発生してしまうという懸念が残ります。

そのため割販法というものが設定されたのです。クレジットカードに関しては、現代社会においては必需品に近い働きを持っているので、誰にも関係することです。必要な情報ということをしっかりと把握して、便利に使ってもらいたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ