割賦支払ができることで消費動向に大きな変化が引き起こされた

割賦支払とは、売買代金を分割して支払う方法のことを指します。月賦や年賦などにより支払う場合が多いです。しかし、クレジットカードの支払に関しては、何回まで支払回数を分けられるのかについて細かく決められていますので、統一されている訳ではありません。

クレジットカード会社にとってみれば、支払回数が多ければ多いほど、金利手数料を得られるので、利益になります。そのため多いほうが嬉しいのです。
ほとんどのカード会社では、支払回数は多めに用意されているケースがほとんどです。

毎月少ない金額を支払うだけで高級品を購入できるので、割賦支払が登場してからは高級品が売れるようになりました。市場の動向が変化しお金の流れすら変わることになったのです。貯蓄をあまりしていない人でも、積極的に市場にお金を流せるようになったことから、市場にお金が出回るようになりました。

すると景気的には良いので、クレジットカードは経済的に多大な影響を及ぼしたとされています。支出額が毎月低額で抑えられるのは、低所得者にとってみても嬉しい話です。毎月貯蓄をして長い時間をかけて購入したのは良いが、すぐに新商品が出てしまう可能性も最近は考えられます。

すぐに買える環境が整っていることは、もはや当たり前の領域なのです。そんな時代だからこそ、割賦支払はどんな場面においても注目されています。ここをしっかりと把握できれば、日頃活用ができるので、とても便利に生活することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ