稼働会員はカード会社にとって増やすことが重要になる

稼働会員とは、クレジットカード会員になって実際に利用している人のことを意味しています。カード会社にとって発行枚数は正直あまり意味を持ちません。所持だけでもしておこうと考える人は多いからです。そうではなく、カード会社にとって重要な数字は、稼働会員に他なりません。

クレジットカードの機能を実際に日常生活で使っている人をどれだけ増やし、そしてリピーターになってもらうのかが重要です。
カード利用でも飲食店でも小売業でもどこでも同じですが、固定客を付けることが経営を安定させるのに非常に重要です。

その地域の人口は大幅な増減はありません。少しずつある一定の方向へ進むことになります。そのため、新規客ばかりが訪れるケースは限られます。ということは、リピーターをできるだけ増やすような取り組みをしていかなければなりません。

クレジットカード会社ももちろん例外ではありませんので、リピーターになってくれる会員をどれだけ増やせるのかが重要です。その指標ともなるべきものが、稼働会員という訳です。この数字を把握することで、自社のサービスに満足してくれているのかや、どこに改善の余地があるのかなどがわかるようになります。

これはクレジット会社にとってみれば、想像以上に必要であるというのは理解ができるでしょう。普段何気なく使っているクレジットカードは、種類が豊富です。実は生き残りをかけた競争が、まさに始まっているということを利用者も知っておく必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ