加盟店情報交換制度を使うことでカード利用者を守る

加盟店情報交換制度は、クレジット業界における「カード利用者保護」を目的にした加盟店情報交換です。これは、不適切な勧誘や販売行為などをした店を加盟店情報交換センター(JDMセンター)への登録により、その内容を共同利用するのを目的としています。

顧客からのクレームや苦情などを聞いたカード会社が事実確認をして、本当であれば情報センターに登録して周知徹底を図るものです。
加盟店によっては、顧客に対してあまり良くない行為をする場合も考えられます。そうするとカード会社にとってはブランドが傷つく恐れがある訳です。

そういった店が加盟をしているというだけで、信用問題に発展する可能性があります。それを避けるために、情報共有をすることで、他のカード会社が加盟申請があっても照会をして、断ることができるようにしています。

そうすることで、安心な優良な店でしかカード加盟店になることが出来ないような仕組みを構築しているのです。そのためには情報を共有できる場所が必要で、そこにアクセスできるような仕組みを作り上げるのも重要です。そんな中において完成したのが加盟店情報交換制度なのです。

カード利用者が危険にさらされることはカード会社においては何としても避けたいものでしょう。危機回避についてしっかりと認識しておくことで、顧客が固定となり利益をもたらしてくれるかが決まります。そのため、迷惑な行為をする加盟店には厳しい対応を取っているところが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ