加盟店情報交換センターは健全なクレジット社会を目指す

加盟店情報交換センターは「JDMセンター」とも呼ばれており、割賦販売法の規定に基づいて運営している利用者について保護に欠ける行為をしたと判断される加盟店を登録する場所です。

ここに登録された内容は、加盟店情報交換制度を利用している加盟会員会社が加盟店調査や、取引継続に係わる審査などを行うため、定められた共同利用する情報を収集して、加盟店情報交換センターに登録しなければなりません。

簡単に説明すれば、加盟店情報交換センターに登録された店の情報は、加盟しているクレジットカード会社であればお互いが自由に利用できます。カード会員に対して秩序を守る行為をしてこない店の情報を共有することにより、適正な審査を行えるようになるのです。

苦情の多い店に対しては、利用を停止してもらうなどの措置を取ることができるようになります。
世界各国に多数の加盟店を持っている大手クレジットカード会社にとってみれば、1つの店は本当に些細なことかもしれません。

ですが、利用しているカード会員にとってみれば不快な思いをしていることは事実です。
そうした通達をセンターが管理することにより、周知徹底を図ることができます。これにより、カード会員が安心してクレジットカードを使って買い物やサービスを受けることができるようになります。

世界の消費市場は大きく変化しようとしています。クレジットカードはさらに便利で快適になり、普段の暮らしを支えていく存在に進化していくでしょう。その時にはさらに必要なセンターになるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ