元金定額払いはリボルビング払いの返済方法の一種である

元金定額払いを選択すると、元利低額払いに比べて早期に返済が終了するというメリットがあります。これは毎月予め指定した一定額に加えて利息を追加で支払うことです。つまり、元金と利息を別々のものとして考えて、それを支払続けることになります。別々で支払うというところがこの支払い方法のミソです。

これを行うことにより、早期に支払が終わります。
元金定額払いは定額リボルビング払い方式の一種です。定額リボルビングとは、ミニマムペイメントが一定額である支払を意味しています。30万円までの利用であれば、月々1万円の定額リボルビング払いで返済ができるなどのようなものです。

上記の例で考えてみれば、10万円の買い物を3回したとしても支払金額は1万円です。10万円分を1回利用したとしても1万円の支払になります。
こう考えれば、購入金額に応じて変動するわけではないので、とても便利に買い物をすることができると考えられます。

しかし、この金額には当然利息がついていません。元金のみの考え方になります。ここから利息を別に請求することを、元金定額払いと呼んでいるのです。こう考えてみれば「なるほど」と思うことができるでしょう。別々に支払うというミソがここに繋がるわけです。

普段の生活でクレジットカードが手放せないと感じる人は多いかもしれません。リボルビング払いの重要性と課題について考えてみる必要性は年々増しているので、しっかりと把握しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ