元利定額払いは利息をも一緒にという考えの支払方法

元利定額払いはリボルビング払いの一種であり、支払金額の中に元金と利息を全て合わせた金額を表示しています。利息分も入れているので、返済回数が増える傾向にあります。
利息ばかりが膨れていき、元金のほうの返済ができないということも考えられるので、元利返済の場合にはカード会員本人がしっかりと注意して管理しておかなければなりません

例えば、30万円までの支払残高の場合は月々1万円で良いとされるのです。しかし、この1万円の中には利息も入っていますので、月々に支払う元金はもっと低くなります。するとどんどん支払回数が増えていくと考えられますので、取り扱うには十分に確認しておくことが必要です。

気付いたら利息だけを支払っており、元金を支払っていないという事態になりかねません。元利定額払いは利息が一緒に入っており、毎月別に計算する必要がないのでとても楽と考えられます。支払い金額が少ない場合に関しては、そういった形でも何ら問題はありません。

ですが、それ以上に大変になってくるのは支払い金額が高いときです。
支払回数ばかりが増えてしまい、いつまでたっても返済が終わらないようなことになってしまうのです。

この問題は意外にも深刻であり、クレジットカード会員であり支払責任がある人がしっかりと中身を確認しておかなければなりません。信用取引になりますから、利息はどうしても発生してしまうものですが、できれば最小限で抑えておきたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ