偽造クレジットカードは使われてから気付くケースが多い

偽造クレジットとは、磁気ストライプに記憶されている情報に特殊な磁気を当てることにより、データを盗み出し不正に作られたコピー品を指します。本来の製品が盗まれている訳ではなく、新しくコピーカードを作ってしまうことになるので、不正利用されたとは後日に知るケースがほとんどです。

本人が知らない間にカードで買い物をされていたということが問題なのです。
これに関してはクレジットを発行するときに相当な課題になりました。かつてはプラスチックの券面デザインやエンボスの偽装というのが主流でしたが、現在はその技術よりも高度な方法で情報を抽出していることが確認されています。

アナログ的な不正に関しては、ある程度技術力が向上したこともあって防ぐことが可能となりました。ですが悪意を持った集団は、リアルからネットの世界へと目を向けるようになったのです。

偽造クレジットカードは情報化の進展とともに、カード番号やパスワードをカード会員が疑うこともなく入力してしまうほど巧妙に作られた偽サイトに誘導して、そのデータをそのまま奪ってしまうという手法に変化しました。これは通称フィッシング詐欺とも呼ばれています。

この詐欺が社会問題にまで発展しており、悪意を持った集団がネットの世界においても暗躍しているのです。クレジットカード会社も対策に手をこまねいている場合ではありません。不正な使用が確認できるようにあらゆる情報をビッグデータ解析をすることによりカード会員の情報が分かるようにしており、防いでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ