ギフトカードは利用者への感謝として発行されることが多い

ギフトカードはクレジットカード会社や百貨店などが、いつものご愛顧に感謝をして利用者に発行する商品券で、これは前払式証票の規制等に関する法律に規定されているものです。一般的にはクレジットカード会社では、会員に対して自社ブランドのギフト券を渡すことが主流になります。

それが使える加盟店において、金額分の買い物やサービスを得られるのです。
取扱店は多岐に渡るので、とても汎用性が高いのでしょう。クレジットカード会社は競争が激しくなりつつあります。差別化を図るためには、ポイント等の戦略だけでは難しいという時代にまでなりました。

そうしたならば、次に打つ手は他業種との提携です。加盟店を始めとするいつもお世話になっている業種などでも、使えるようなギフトカードを発行することになりました。そうすることで、ポイント以上に便利でお得だと会員からは好評を得られるようになったのです。

それからは他の会社でも発行するカード会社は増えるようになりました。斬新な製品が、当たり前に変わったことにより、新しい戦略を取り組まなければ淘汰されてしまう可能性があります。商品券という新しいパイの取り合いが本格化してきているので、会員をさらに満足させるような戦略が求められます。

商品券はさまざまな場面で使えます。顧客を固定にさせるためにも、魅力のあるサービスを多くのカード会社は考えているのです。そしてそれができるようになることこそが、顧客にとって有利なわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ