キャンセル番号はしっかりと貰わないとトラブルになる

キャンセル番号とはキャンセルナンバーとも呼ばれており、クレジットカードを利用してホテルなどを事前に予約していたが、キャンセルになった時に受け取れる番号です。これを持っておくことで、手違いでカード会社から請求が来た場合には返金をしてもらえます。

キャンセルをしたという証明になるので、こういったケースに直面した際には必ず貰っておきましょう。クレジットカードを使うと、買い物以外にも各種サービスを受けられます。エステや美容室、ホテル、レンタカーなども対応できる加盟店が増えてきました。旅行や出張の際に利用するという目的で、事前に予約を行えます。

これはカード会社が予約保証を受け付けている加盟店に限られてはいますが、便利なサービスということで利用する人が増えているのです。
当日に天候が悪くなって1日程度到着が遅れたり、会議が中止になるなど、さまざまな都合が影響して予定通りにスケジュールが進まない場合はよくあります。

そんな時はせっかく予約をしたのにキャンセルをしなければならない状況も考えられます。その場合にはもちろんキャンセルできるのですが、そこで発券されるキャンセル番号はしっかりと貰っておかないと、トラブルの原因になる可能性が高いです。

普段の生活でクレジットカードが手放せないという人は多いのではないでしょうか。これからは生活に欠かすことのできないサービスとして広く普及していくでしょう。トラブルが無いように、カード会員が十分に配慮することも必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ