休眠会員である場合にはメリットが発生することがある

クレジットカードは日本だけでも3億枚を突破しました。この計算から考えると、1人が複数枚所有していることになります。それだけ持っていたとしても、実際に使われるカードは特定されてしまいがちになり、多くは発行してもらったは良いが実際には全く使われていない現状がある訳です。このような会員のことを休眠会員と呼んでいます。

特にペナルティがあるというものではありませんが、有料会員の場合には支出が無駄に発生するだけなので、解約を検討しなければなりません。
カード会社は、いかに休眠会員を減らして稼動会員を増やすかが課題です。そのためには便利でお得なサービスやプロモーション活動などを行うことがあります。

これらは、当然カードを全く利用していない人向けに発信されるもので、結構メリットが大きい場合があります。うまく利用すると、カード会員にとっては嬉しいことが待っているかもしれません。

カード会社によってどんな特典があるのか変わってきます。クレジットカード会社は国外の大手企業もあれば日本国内の企業もあるなど、競争が激化してきました。そこでいかにして顧客になってもらうかが重要な戦略になります。ここは企業にとって正念場です。

どれだけ多くの顧客を獲得できるかが、この競争に勝ち残るのに絶対的に必要な条件になるので、休眠会員をいかに覚醒させるかが問われています。普段から利用している人はもちろん大事ですし、大切にしなければいけませんが、それと同等に使っていない人をいかに目覚めさせるかを平行で進行させなければならないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ