クレジットカード会社は非常に多く存在している

クレジットカード会社とは単純にカード会社とも呼ばれており、クレジットカードを発行する会社のことを指します。発行した会員が加盟店で買い物やサービスなどを受ける際には、一旦カード会社が料金を肩代わりをして、加盟店に支払い、その後、会員に対して請求をします。

そこで発生する手数料を得ることにより、利益を得て経営を続けることができるという仕組みです。クレジットは銀行系や協同組合系、石油会社系など多種に分かれており、それぞれが独特のサービスや特典を用意しています。それだけ会員を固定客として迎え入れたいという思いが強くあります。

発行したは良いが全く使わない会員はどうしても存在するのですが、そういった会員に対しても、アプローチを仕掛けなくてはいけません。

そして、現在頻繁に利用してくれる人に対しても、今後も使ってもらうようにサービスを充実させていかなければならないので、並列にどちらに対しても働き掛けをしていかなければならないのです。ところで、クレジットカードを会員は発行できますが、その所有権はカード会社であるという事実はあまり知られていません。

カード会社から商品を借りているという立場になるのです。
クレジットは年会費を支払うことで、通常以上のサービスを受けられるなど特典が向上します。これらは冒頭の通り非常に多く流通しているサービスになるので、一言でクレジットと言っても種類も使い方も千差万別であることを知っておくことは重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ