クレジット産業は消費者信用産業とも呼ばれている

銀行や消費者金融会社、さらには信販会社などを消費者信用産業(クレジット産業)と呼び、これらは融資する場合には個人の信用を担保として貸し出しを行ったり、信用販売(クレジット)を行ったりしています。基本的にはクレジットカード会社やメーカー割賦会社などが代表的です。

その中には小売業のクレジットカード販売部門も含まれるなど、多岐に渡ります。
この中でも勢力が大きいのが、消費者金融とクレジットです。お金を貸すか、それとも後払いで済ますかの違いですが、基本的に中身に大差はありません。消費者の信用を担保にすることにより、お金を貸すというイメージが強いでしょう。

そういった産業のことを全般的に指しているのです。普段から利用していても気付きにくいのですが、同じ産業としてひとまとめにしています。
クレジットカードはそのカードだけでキャッシングもショッピングもできるので、消費者信用産業の代表的な存在とも言えるでしょう。

インターネット技術が発達したことにより、この産業はセキュリティの向上を急務の課題として取り組んでおり、悪用されて被害が発生するケースも報告されています。こうしたことから、普段から信用に関しては十分に消費者が配慮して守り通さなければなりません。

自分という存在が信用されるところに意味があり、それがサービスを受ける点で一番重要なものになります。ということは、この産業というものを守ることができればより生活が快適になってくるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ