クレジットスコアリングは信用状況を把握するのに役立つ

クレジットスコアリングは、統計的モデルに基づいて個人や企業の信用度をスコアリング、つまり点数化することで与信可否を迅速に中立的に判断するシステムです。コンピュータが自動で素早く判断してくれるので、コストの削減や効率化改善などに役立てられています。

以前は審査はすべて手作業で行われていたので、どうしてもミスが生じていました。この実現により機械的に判断できることになったので確実とされています。
クレジットカードの審査を申請した場合には、それまでに積み上げられてきた膨大なデータを解析し、その個人の信用状況を点数化します。

これはカード会社により、どこの部分を重点的に判断しているのかが変わりるので、明確にどこが一番重要というところは秘密事項に指定されています。一般的には年齢、性別、職業、勤続年数、年収を5大基本事項として、採点が行われていると言われています。

もちろん個人の過去を調べるのも忘れてはいません。例えば、消費者金融でのキャッシングをしているのかどうかや、返済遅延が発生していないかなども重点的に調べられます。何か金融事故を引き起こしている場合には、審査は通らない場合がほとんどなので、しっかりと中身を確認するのが重要です。

普通は審査が通るハズなのに通らない場合は、何かしら問題があるということになるでしょう。クレジットスコアリングは個人の信用を機械的に判断するのに非常に役立ちます。カード発行までに時間を短時間で済ますことができるということは素晴らしいことですので、多くの企業が採用をしているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ