クレジットバウチャーは海外でよく用いられる言葉

クレジットカードは日本だけではなく世界でも使えます。国際ブランドによって加盟店が大きく異なるので、そこだけは注意しておきましょう。さて、カードを海外の買い物で使ったが、不良品ということが後日判明して返品を行う場合、購入した加盟店側での内部処理をしなければなりません。

そこで加盟店側から出される返品伝票をクレジットバウチャーと海外では呼んでいます。日本の場合は上記のように、返品伝票や文字や伝票自体が赤くなっている場合が多いので、「赤伝」と呼ばれることが多いです。クレジットカードはほとんどの場所で使えるようになったので、多くの人が日常の生活で利用しています。

ところが返品となった場合には色々と厄介になることが多いです。内部処理は加盟店側での手違いにより、スムーズに処理がされていない場合が往々にしてあります。そのため、クレジットバウチャーは大事に保管するのが重要です。

これがあれば、しっかりと返品をしてもらったと判断できるので、証明になります。もしチャージされてしまった場合には、速やかにクレジットカード会社に連絡をするなど、迅速な対応をすることが求められるでしょう。これは個人的に迅速に行動するのが一番重要になる部分でもあるからです。

クレジットカードは現在考えられないような速度で発展をしてきました。今後の生活に欠かすことのできない大切な支払い手段になることでしょう。それと同時に思わぬトラブルも報告されていますので、取り扱いには一層の注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ