クローズドエンド・クレジットシステムとは何か

クレジットカードの支払い方法にはいくつか種類があり、その中において、与信時点で毎月の返済金額や最終回までの支払回数などが決められている支払方法があります。これをクローズドエンド・クレジットシステムと呼び、日本語では閉鎖信用体系とも言い換えることがあるでしょう。

一般的には元利金等返済方式、元金均等返済方式、アドオン方式などが返済例として挙げられます。逆に返済金額や返済回数が決められていない方法のことを、オープンエンド・クレジットシステムと呼んでおり、代表的なのがリボルビング払いです。

こちらは日本では開放信用体系と言い換えて利用されることもあり、最近ではオープンエンド・クレジットシステムのほうが主流になりつつあります。それだけ便利で利用が簡単という面があるためです。
このサービスでは個人が有する信用を最大の担保として信用供与を行います。

その会員がどれだけ信用に値するのかにより、クローズドエンド・クレジットシステムは返済回数や金額などが決まってくるので、結構な差が開く場合もあります。カードの支払い方法は、カード会社によって指定されている場合もあれば、加盟店によって制限されていることもあるので、どこでも同じように使えるというわけではありません。

このカードは便利な生活に欠かすことができません。お金を返す方法には大きく分けて2種類あることを把握しておくだけで、もっと身近に感じることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ