国際ブランドは世界的に知名度が高いものを指す

世界各国に加盟店を展開し、国内外のどこでもクレジットカードを使うことができる仕組みと、決済システムのインフラが整ったクレジットカードブランド(商標)のことを国際ブランドと呼んでいます。主要なのがVISA、Diners Club、JCBMasterCard、AMEXの5つです。

日本ではJCBが唯一の国際ブランドとして認められています。これらにはそれぞれ特徴があり、それにより利用者はカードを選ぶというのが主流になりつつあります。グローバル化が進んだこともあり、積極的に海外に足を運ぶ人が増えてきました。

買い物をいちいち通貨を変更して行うのは面倒なものですので、クレジットカードの普及は海外へ出向く人を加速させた効果もあります。
世界的に加盟店を持ち汎用性を追及しているのが、VISAとMasterCardです。

この二つのブランドは他を圧倒するほどの加盟店数を持ちますので、ほとんどの国外で利用することができ、非常に便利です。またJCBは国外の加盟店数はそこまで多くは無いので、買い物をするという点では不利かもしれません。

しかし、旅行者にとってみれば日本語で案内をしてくれるサービススポットが各国に点在していますので、頼りになる存在です。

各国間の信用決済システムが構築されており、24時間オーソリゼーション体制が整備されているなど、厳しい条件を突破しないと国際ブランドになることはできません。それだけ重要性があるという意味でもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ