コ・ブランドカードはカード会員にメリットが大きい

クレジットカードは国際ブランド(商標)が付いている場合がほとんどで、発行会社はそれぞれ異なります。そして単独でクレジットを販売したとしても、そこに利便性や他の商品との優位性を見つけられなければ、会員は率先して使ってくれることはないでしょう。使われなければ利益にならないので、経営を続けられません。

そこでクレジット会社は、他の営利団体と提携をしてカードに魅力を出せる作戦に出ました。これをコ・ブランドカードと呼びます。提携カードの一種であり、マーケティング戦略を基調としたスタイルで、他との差別化を図るべく誕生したのです。

これは会員にとっては、ダブルのメリットを受けることができるとされており、会員にとっては嬉しいものでしょう。多くの顧客を抱える営利団体との提携なので、例えば毎日使うスーパーでの買い物をクレジットで支払った場合は、クレジットの特典と、スーパーでのサービスを同時に受けることができます。

普段毎日使っている加盟店でそのようなことができれば、率先して該当するクレジットを使ってくれるかもしれません。サービスとクレジットの提携という部分に関しての展開にはスムーズに物事を進めることができるので、人気が高くなりつつあります。

コ・ブランドカードはアメリカで頻繁に使われるようになった言葉です。日本においては「ダブルカード」と呼ばれることが一般的で、アフィニティカードと区別するようにされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ