事故カードになるとカードの利用が即日停止される

クレジットカードでは盗難や限度額を超えて使われたものは、原則として事故カードとして処理されます。そうすると、発行会社のほうで利用停止の処分が下されることになるので、そのカードを利用することができません。

これは利用者の保護を最優先して取り決められているものであり、サービスであるこれを作成する段階で契約されることになるので、異議を唱えることはできません。
クレジットカードはその性質上、重要な個人情報になり、金庫を持ち歩いているようなものです。

一度盗難にあってしまった場合には限度額いっぱいまで買い物をされてしまうケースも考えられます。利用停止処理は、当然カード会社にしかすることができません。一刻も早く盗難を届けることにより、被害を最小限に抑えられるようになります。クレジット会社は紛失や盗難などにより被害が発生した場合には、保険を支払わねばなりません。

これは企業の利益か捻出されますので、そのまま損益になります。そのため紛失などが判明した段階ですぐにカード利用の停止処理が行われます。企業にとって損益ができるという事態に発展したならば行動はとても早くなりますが、これは企業としても経営を続ける上で大事な判断となるからです。

普段の生活の助けとなるクレジットですが、とても大事なものだという気持ちを持っている人は案外少ないものです。悪用される危険性があるということを十分に認識をして、日々の生活を送らなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ