ジャーナルはサインする売り上げ伝票のことを指している

レシートは証明書のようなものであり、確定申告などでも効果的な証明書になります。正確な支出を明記しているものになるので、重要視する企業や個人事業主は多いものです。

そして小売業などはレシートを客に渡す義務があります。相手が断ったときには無理に渡す必要はありませんが、基本的にはレシートは客が貰う前提で発券されるものですので、しっかりと渡さなければなりません。クレジットカードでの利用においても売り上げ伝票が印字され、そこの自筆でサインを入力する必要があります。

この伝票のことをジャーナルといいます。これをもって、クレジットカードで決済をしたということを証明することができるのです。ここをしっかりと把握しておくことにより、後々のトラブルを防ぐことができます。ジャーナルに自筆でサインをするというところがミソです。

加盟店は盗難したカードを利用してないかをチェックするために、カード裏面に記載されている自筆のサインと、伝票に書いてもらったサインをチェックして本人なのかどうかを確認しています。ここでもし違うと判断された場合には、当然のことながら身分証明書などの提出が求められます。

自分の身を守るためにも、サインなどはしっかりと記入したほうが無難なのです。
日常生活の中でクレジットカードを使って買い物をした場合には、必ずジャーナルは保管しておいたほうが良いでしょう。手違いでチャージ(請求)がダブルで発生する可能性があるからです。そうなると面倒なことになるので、証明として残しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ