社会貢献型カードは支援を目的として発行されている

社会貢献型カードとは、福祉や環境保全団体などへの支援を目的にして発行されているカードです。提携カードの一種であり、本来ならば戦略的マーケティングで利用されるところですが、慈善活動の一環として、利用者への協力をお願いするような形になります。

主な利用方法としては、該当するクレジットカードを使って買い物をした場合には、その売り上げの一部が団体等に寄付されるというものです。
カード会社によって寄付される対象先は変わり、その情報については契約をする時に知ることができます。

経済的に豊かな国は慈善活動や環境保全活動が活発になると言われており、先進国の中でも技術的にも経済的にも発展している日本では、こうした慈善活動は活発に行われています。そうした人の心や気持ちを少しでも持っている人に対しての、アプローチという意味においては、非常に効果的でしょう。

発行したけれども全く使ってくれないのでは意味がありません。戦略的なマーケティングの面から見ると、少し社会貢献型カードは特殊なように感じられるかもしれません。ですが、慈善という気持ちを出すことにより、同感してくれる人を顧客としてガッチリと掴むことができるようになるでしょう。

もちろん、利用者にとってもメリットとなる特典は付いています。
クレジットカード会社は競争が激化していますから、あの手この手を使って顧客を獲得することに躍起になっています。この活動もその一環であることを知らなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ