クレジットカードでは判別のために照会情報を利用している

クレジットカードには照会情報というものがありますが、これは信用情報機関で開示できる与信関連の事です。人によっては、「個人情報は自分以外でも開示が可能なんだ」と思われることもあるかもしれませんが、金融業者として登録されている業者であれば、行えるようになっています。

また、個人情報といっても全てが閲覧可能というわけではなく、正確には金融の利用状況を照会出来るものとして確認されるだけです。

そして信用情報の開示については、どのような理由で確認しているかが質問サイトなどで取り上げられることも多く、あまりクレジットカードの限度額について高く設定していないのに厳重、といった意見を残されていく人も多くいます。

ですが、借入をする相手に対して貸す側にあたる金融機関なども、なるべく全てを把握した状態で貸すようにしたいので、このような情報の開示を行うようになっているのです。業者によって開示をされているだけで、別の業者では全くしていないというものでもありませんので、現代では借り入れをする際には必ず開示されていると思っておいてください。

特に重要なのは、信用情報というのはマイナスの意味合いだけで、詳細内容が開示しているわけではないということです。

例えば、人によっては担保となる資産を持つ人もいますが、そのようなケースでは同年収の人よりも借りられる金額についてはプラスされるようになっています。つまり、後ろめたいこともなく、借金している人の場合には、照会をしてくれるクレジットカード業者は、融資額を増額できるチャンスのある業者となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ