ショッピングローンとキャッシングローンを分けて考える

ショッピングローンは、正確には「ショッピング枠」と言いますが、今ではそのままローン可能額として扱われているようになっています。どうしてショッピング枠があるのかというと、そもそもクレジットカードはショッピング枠だけでなく、キャッシング枠もありますので、分別するために、そのような名称となのです。

現代では、クレジットカード会社によっては、限度額50万円となっており、同じような金額で自由に利用できるようになっていると、PRされている会社が多いです。ただ、ショッピング枠は商品購入時に利用される枠なので、注意しておかないといけません。

なぜかというと、ショッピング時のほうがクレジットカードでは利用額が大きくなりやすいからです。
家電製品を購入される場合、残りの利用可能額が20万円ほどとなっていると、購入される家電によってはお金が足らない状態となってしまいます。

このような状態になるのは利用に問題があるという指摘もありますが、そもそもキャッシング枠についても自由に利用できるようになっていると、どうしても細かく利用してしまい、いつの間にか半分以上使っているということは多いのです。

そのため、キャッシング枠については、最初から10万円までのように制限されておいたほうが、ショッピングローンを余裕をもって使えるようになります。制限については、クレジットカードの契約時に、キャッシング枠となっているものを10万円としておくだけで、契約後のカード発行では10万円の制限がかかるようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ