カード会社が自社発行しているシングルカード

シングルカードとは信販会社が単独で発行しているクレジットカードのことです。JCBやアメリカンエキスプレス等を指します。他の企業と提携して発行している物は、Mr.マックスVISAカードなど提携している企業名が入るという違いがあるので、すぐ見分けがつくでしょう。また、シングルカードはプロパーとも呼ばれています。

もともとプロパーは「自社」という意味なので、自社単独で発行しているものという意味になります。各社を代表するものなので、老若男女問わず、だれにでも使い勝手のよいものになっています。あまり個性が強すぎない普段使いしやすいものです。

スーパーやコンビニでポイントを貯めたり利用することで得したい人は、それ専用のものを個別に持つといいでしょう。最近では他社と提携しているカードも多様になっていますが、シングルカードの魅力は衰えません。

クレジットのポイントや特典などのキャンペーンは絶え間なく行われていますので、振り回されていては財布のクレジットの枚数が増えるばかりです。現在、日本人の成人は一人平均3.1枚のクレジットを所有しており、利用方法の多くはメインのもの1枚を集中的に使用する傾向があります。

加入する会社を選ぶ際にはマイレージやポイントを重視する人も少なくありません。
そんな中シングルカードはポイントサービスが他に比べて極めて優れている訳ではありませんが、無くなる事はないであろう安心感などがあるので、やはり信販会社の自社発行されたものでなくてはという人もいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ