信販は買い手と信販会社の信用に基づく売買システム

信販とは、信用販売を略したものです。買い手の信用に基づいて、後払いで商品やサービスを購入できる仕組みとなっています。利用者が買い物するとカード会社が代金を立て替えて、後で利用者にその代金相当の支払いを受けるというものです。大手の例としてはオリコ、ジャックスなどがあります。

最初は、販売会社自身が後払い(売掛金)で代金を受け取っていました。呉服商がお得意様に掛けで商品を販売していたことが信販の先駆けです。しかし、これでは販売会社の現金の手持ちが少なくなり、運転資金に困る事もでてきます。また、売掛金の管理と処理も大変です。

その諸問題を解決するかたちでクレジット会社が登場しました。消費者の代金を立替払いをすることで、販社の財務や売掛金管理に関する業務などの問題を解決し、尚且つ、消費者が物を購入しやすくしたのです。

クレジットサービスを扱う企業はもともとショッピング専門のサービスを行っていましたが、現金を借りたいという顧客のニーズの高まりに応じて、カードローンで現金を貸してくれるようにもなりました。クレジット会社のカードは、ショッピング用、カードローン用など、用途により分かれている物が多いのが現状です。

今やネットで買い物することは当たり前になりました。そこで代金を決済するのにクレジット会社が発行しているクレジットカードが使用されます。多用するニーズに応える為に、信販の形式はこれからも時代に合わせて変化していくのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ