現代の信用経済社会にかかせない信用販売の利点

信用販売とは、物を売り買いする時に、売る方が買う方に信用を与えて、代金支払いを決められた期間猶予することです。掛売のほか、割賦販売、ローンなどの形態で行われます。

この信用とは、日常で使う信用と意味が異なり、借りたお金をきちんと返すことができる支払い能力、または返済できない場合にそれを補う財産や代わりに返済してくれる人がいるかなどを指しています。

販売信用を主な業務とする信販会社を通して、私達はローンや割賦販売を利用して日常の買い物を行えます。クレジットは、利用方法で2つに分けることが可能です。1つは商品購入の際に、申込書を書いてクレジット会社の審査を受ける方法です。自動車など高額商品の購入にはこの方式を利用する方も多いでしょう。

もう1つはクレジットカードを利用する方法です。クレジットカードは発行を申込んだ時に審査を受け、そこで問題なくパスすると、カードが発行されます。そのカードの範囲内であればいちいち審査されることなく、商品を購入できます。最近はコンビニで少額の買い物にも気軽にカードが使えるようになり、ますます便利になりました。

今のような信用経済社会は、与信販売で物やサービスを購入することは一般的になっています。高額商品を購入する場合など、多額の現金を銀行から下ろして持ち歩くのは、とても危険です。クレジットカードは、その手間と煩雑さを省いてくれます。クレジットカードは信用経済社会になくてはならない物になりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ