クレジットカードの稼働率と睡眠会員の関係

クレジットのサービスに加入しているのに、実際にはそのカードを利用しない人達、または以前は利用していたが現在は利用していない人達のことを睡眠会員といい、休眠会員ともいわれています。

年会費が無料のカードの場合は、ただ持っているだけでも、何の問題もありませんが、年会費を支払わなければならないカードではそうもいきません。持っているだけで年会費が引き落とされるので、使用しない場合には解約した方が経済的です。

信販会社はどうにかして休眠となる人を減らそうと、利用促進のプロモーションを展開することがあります。信販会社にとってカードの利用者を増やすことと同様に、クレジットでの販売点数・売上という稼働率をあげる事も経営上の大きな課題となっています。

このようなプロモーションはカード利用者にとってメリットが大きいことがあるので上手に使うとお得です。具体的なウェイクアッププロモーションは、いくら使えば○円分の商品券プレゼントとか、今ならポイント○倍とかなどの特典をつけることです。しかし、かかる費用に対して効果が少ないとプロモーション自体に消極的な会社もあります。

そのような企業は、利用がない人のカードの新規更新しないなどの対策で、休眠会員を減らしているようです。1年に一度でも使ってくれたら年会費を無料にするなど、年会費に条件をつけている会社もあります。

睡眠会員の逆を稼働会員といいます。実際にカードを利用している人達のことです。リボルビング払いが普及している国ではリボ払いの利用残高がある人も稼働とみなしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ