スリーピングカードをメインのクレカにするには

スリーピングカードというと、どのようなイメージがあるでしょうか。文字通り休眠していることから、持ってはいるが全く使わないということです。使わないのに持っている理由として挙げられるのが、お店の開店などでよく行われたキャンペーンです。

買い物にカードを利用することでポイントが付与されるといったことで、クレカを作ってもらう販促キャンペーンなのですが、年会費が永年無料ということで、多くの人がクレカを作るのです。

もちろん目的意識があるわけでもなく、流れで作成したということが大きいので、そのまま使わずにお財布の肥やしになることが多かったのでしょう。
また、お財布の中にも入れてもらえないようになると、そのクレカはますますスリーピングカードとしての地位を高めていってしまうことになります。

クレジット会社もそのような状況で手をこまねいて見ているわけではなく、手を変え品を変えてメインで使ってもらうための活動を行っています。買い物をすると普段よりも3倍ポイントを付与するとか、抽選で何人かの人にプレゼントをするというような、利用を促すキャンペーンを毎月行っているのです。

それでも、このようなキャンペーンはどのようなカード会社でも行っていることなので、利用をしてもらうには斬新なアイデアも必要となってくるでしょう。また、利用者も使わないまま年会費だけ徴収されるということは不本意ですから、そのような点からもスリーピングカードを利用していかなくてはいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ