車に乗る人に必携のクレカである石油カード

移動手段が車という人にとっては、メインで利用するクレカを石油カードにしている人も多いことでしょう。石油会社はもれなく、自社ブランドのガソリンスタンドの名前の入ったクレカを発行しています。正確には、クレジット会社が石油カードを発行しているということになるのですが、これを使うメリットには様々なものがあります。

一昔前であれば現金利用者歓迎というように、現金支払いの人が優遇されていた時期もありました。今でもそういう看板を目にすることは、よくあります。
利用の際は、手数料はお店持ちということから現金客を歓迎するという姿勢があるのも事実です。

ガソリンスタンドの場合は一見さんも多く、現金の支払いのほうがより資金繰りが楽という面も見逃せません。それでも、昨今ではガソリンスタンドのセルフ化が進んでいます。セルフ化が進むと、支払う方もカード利用が増える傾向にあります。

これはクレジット会社にとってもメリットですし、お店もセルフ化にしているため人件費を抑えることにも役立つということなのでしょう。
石油カードを利用するメリットとして、ガソリン代が安くなることが一番大きいと言えます。

通常価格よりも単価で2円、3円安くなると50リットル入れることを考えれば100円は違いますからこの差は大きいといえるでしょう。また、利用でのポイントとお店が行っているサービスポイントで、ポイントの2重取りができることもあり、さらにお得感が増しているものもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ