買い物をする際に承認が必要なゼロフロアリミット

ゼロフロアリミットという言葉は、聞き慣れない人が多いことでしょう。これは、会員が買い物をする全てのケースについて、クレジットカードの承認が必要だということです。ゼロというのはその買い物金額が0円からになるということ示していて、これをゼロフロアリミットといっているのです。

通常、クレジット会社は加盟店に対して、指定した金額以上の買い物については承認が必要ですよという金額を設定しています。これが0円からということになると、全ての買い物について承認が必要ということになります。

買い物がカードで行われた場合、その都度かなりの手間が発生することになるので、店頭ではちょっとした混乱も考えられるでしょう。
一方で、現在行われているカード会社の承認は、CATによって認証作業が行われています。

このCATは信用照会端末と呼ばれ、この端末に利用するクレジットカードを通すことで、瞬時にゼロフロアリミットが行われるという仕組みです。この端末が導入される以前は、大口の買い物でしか信用承認ができませんでした。

このため、支払いなどに多少のリスクが伴うような利用者については、カード会社が加盟店に信用承認を義務づけるということで、クレジットカードの利用が行われていたのです。

これはその買い物についての支払いは、加盟店に対してカード会社が保障するということです。もちろんこのようなリスクも、CATの導入が進んでいることで解消されるようになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ