クレカでの買い物の際に分割で支払う総合割賦

総合割賦という言葉に、馴染みがないという人も多いかもしれません。買い物に際して、クレジットカードで分割して支払う方式ということになります。昔ながらの月賦という言葉を連想する人も多いかもしれませんが、それでは月々という意味に限定してしまう言い方になってしまいます。

このようなことから、回数で支払うということで割賦という言葉の方が、金融業界では一般的に使われる言葉となっているのです。
また、総合割賦は一つの買い物に対してというわけではなく、商品をいくつ購入してもよいというクレジットカードの特性を利用した、購入契約のことです。

クレジットカードを作成する際にクレジット会社に申し込みをすると思いますが、その際には審査が必要となります。その時に利用下限度額が認められ、その範囲内であれば、いくら購入しても分割での支払うことが認められます。

細かな定義としては、2ヶ月以上の支払いでさらに3回以上に分けて代金を支払うということです。また、分割払いとしてはリボルビング払いがよく知られていますが、リボルビングを毎月の支払い方法として利用した場合、この方法も総合割賦に含まれます。

なお、このような方法には利息がかかります。そしてその利息は当然ですが、利用者が支払うこととなるのです。月々の金額が少ないと、返済が楽なのは当然のことです。無理のない返済をしたいと思う気持ちからついつい長期間となってしまうので、その分利息が多くかかるということにも注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ