2枚のクレジットカードを同時に発行するツインカード

ツインカードというのはクレカを申し込む際に指定ができるのですが、2枚を同時に発行する方式であり、その2枚のことを指します。この2枚の機能としては、1枚は提携といってクレジット会社の提携先のクレカです。そして、もう1枚はクレカ会社が発行するプロパーということになります。

どうしてこういうことをするのかというと、クレジット会社は少しでも多くのクレカを発行したいと思っています。それは手数料収入が増えるので当然のことです。クレカを発行したいけれども、小売店など比較的小規模な会社、あるいはノウハウのないメーカーなどが発行するものが提携なのです。

そして、提携カード発行の際に自社の会員も増やしたいということで、プロパーを発行したというのが経緯となります。これはいささか古い形式のもので、2枚になる使い勝手の悪さから現在では敬遠される傾向にあります。もちろんクレジット会社にとっても、2枚発行するコストも負担になってしまうのです。

そこで、現在では1枚のカードに前述した提携とプロパーの機能を有したもの、つまり2枚で1枚の働きをするものが増えてきました。これをツインカードに対してダブルと呼ぶようになったのです。

もちろん2枚のほうがいいという利用者もいますから、選択式にしているカード会社もありますが、1枚化に向かっているといってもいいでしょう。また、現在のETCあるいは電子マネーとクレカの関係はツインカードの新たな形といってもいいかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ