毎月の最低支払金額が一定な定額リボルビング

定額リボルビング払いは、購入した金額に対して毎月一定額の金額で返していく方式で、利用している人も多いのではないでしょうか。一方で限度額内であればいくら購入しても月の支払いは一定ですから、借金をしているという金銭的感覚が失われるというデメリットを指摘する人もいます。

確かに月の支払い金額が一定となると、その支払いに慣れてしまうことで、いくら購入してもいいという気持ちになってしまうこともありえるでしょう。また、定額リボルビング払いには二つの方法があります。それは元金方式と、元利方式です。毎月の返す金額が変わらないので、元利方式がイメージに近い方式であるかもしれません。

それに対して元金方式は、最初に定めた元金金額に対して利息を上乗せして毎月の金額を決める方式です。毎月金額が変わっていくことになりますが、これも定額リボルビング払いということになります。元金と元利はどこで利用されているかというと、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンです。

同じ金利でも、方式によって変わるということをしっかり覚えておきましょう。元金定額と元利定額の二つの返済方法を比較すると、元金定額のほうは返す回数が少なくなり、総額も少なくて済みます。しかし、分割で支払う方式にしている人は総額よりも月々に余裕のある返済を求める傾向にあるので、総額をそれほど意識する人は少ないといえます。

また、計画を立てやすいということであれば、毎月決まった金額となる元利定額になるのです。いずれにしても、返すことに関しては無理なくゆっくりという人に向いている方式であることは間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ