最低支払金額が利用額の定率によって決まる定率リボルビング

定率リボルビング払いは、クレジットカードで利用した金額に対して返済率を求め金額を決定していく方式です。定額リボルビングで支払う方法とは違って、かなり計算が複雑となっています。

それでも、この方法が現在ではクレジットカード会社では一般的なものとなっていますので、内容を理解しておくことは支払う側からしては大事なことだといえるでしょう。
定率リボルビング払いには、二つの方法があります。それは元金方式と元利方式です。

いずれも、毎回細かい計算をしながら残高に対して利息を計算し、元金支払いにその利息を足した金額が、その月の返済額となります。元金方式は、定められた定率で計算した元金返済金額に対し、利息を上乗せすることで毎月の金額が決まります。

もう一つの元利方式は、これもあらかじめ設定されて定率で計算した金額が毎月の金額となり、利息はその金額の中に込み込みとなる方式です。この方式の違いは、銀行などの金融機関が扱うカードローンと、消費者金融会社が扱っているカードローンの方式の違いと考えたらわかりやすいです。

いずれの方法も毎月の返す金額が減少していくので、支払いを続けていくと返す金額が楽になったという印象を受けがちですが、利息ばかりが増えて元金が一向に減らないということになります。

支払明細をよく見て、利息の割合が高くなっているような形式になっていたら、返す金額の見直しが必要だといえます。この定率リボルビングは金額が高額になった場合は、特に注意が必要な方式だと言えるので、節々で返す方式を考えたほうがいいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ