途上与信でクレジットカードの停止の可能性も

クレジットカードを作成するには、申込用紙に必要書類を添えてクレジット会社に提出しなくてはいけません。これはカード会社が審査をするためで、クレジット会社は利用者に代わってお店や銀行に代金を支払ってくれます。当然、その会社が支払ってくれた代金は、利用者に請求が届けられるということになります。

便宜的に立て替えてくれたということは、きちんとその代金を返してくれると信用しているからです。以上のことから、きちんと立て替えたお金を返してくれる人かどうかを審査するために、収入証明書などの必要書類を申込書と一緒に提出しなければなりません。

つまり、クレカを持っている人はクレジット会社の審査をパスした人ということになります。それでは最初に審査を受けた後はなにもチェックはないのか、ということですがそういうことはありません。クレジット会社はカードを作成したあとも、それを適正に使っているかをチェックしています。このチェックのことを、途上与信と呼んでいるのです。

この途上与信は、他社発行のクレカも同時にチェックを行っています。そして総合的な結果から、たとえばお金に困っているような状況が発覚した場合など、ローンの利用案内を送ることもあります。また、利用限度額の引き下げを行ってくることもあるでしょう。

利用者にとって痛いのは、更新が近づいたカードの再発行をしないということです。作成後は、延滞歴など常にチェックされているということを、しっかりと覚えておいたほうがいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ