クレジット情報処理センター事業を行う日本カードネットワーク

日本カードネットワークは、JCBの子会社です。クレジット情報処理センター事業を行う会社ということになっていますが、株主はJCBだけではなく、他の主だったカード会社が名を連ねています。

クレジットの情報処理を行うということから、主な業務としてオーソリゼーションデータのスィッチングサービスや、売上データ、有効性チェックデータ、無効カードデータなどの受信配信サービス、加盟店への決済業務支援サービス、クレジット会社の業務支援サービス、そして決済システムの開発や提供などの業務があります。

CARDNETとも呼ばれる日本カードネットワークは、JET-S端末を提供していることでも知られています。これは信用照会端末の一種なのですが、クレジットカードはもとよりデビッドカードの決済にも対応しているのです。そして最近たくさんの電子マネーが出ていますが、主立った電子マネーの決済にも対応しています。

このJET-S端末のメリットとしてあげられるのは、様々な回線に対応していることでしょう。従来のアナログ回線にも対応していますし、インターネット、光、店舗内LANそしてISDNなどにも対応しているので、どのような形態にも柔軟に接続できますから、店舗としても安心して導入できる端末となっているのです。

日本カードネットワークは信用機関の元締めのような印象を受けますが、1995年に設立された比較的若い会社です。従業員も200人に満たないのですが、開業以来信用処理件数が右肩上がりで、クレジット業界の中でますます存在感を発揮している会社といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ